障害者編

障害者を描いた、言葉にできないイラストです。心温まるというか、考えさせられるというか・・・なんとも言葉にできない。

動画タイトル:言葉にできない 障害者編




「障害」、「障礙」はいずれも当用漢字制定前から同じ意味の熟語として漢和辞典に掲載されており、「障害」という表記は「礙」を同音の「害」に単純に置き換えて戦後に造語されたものではない。なお、「碍」は「礙」の俗字であるため「障碍」を掲載しない漢和辞典もある。

近年、「害」の字が入っているのは害のある人と受け取られる可能性があるため好ましくないとして、障碍者・障碍児と書いたり、交ぜ書きで障がい者・障がい児と表記を変更する動きがあり、近時の役所や公的文書、また公共性の高い民間企業である携帯電話会社が発行するパンフレットに記載の「障がい者」を対象にした基本使用料金等の割引案内などでは「障がい者」と表記されることが増えてきた。あるいは障害を受けているとして、「障害」者と書いたり、英語の身障(Disabled)の同義語であるChallenged(障害)をそのまま真似て「チャレンジド」と呼ぶ人も一部にいる。同じ理由で、身体の障害を持った場合に限り身障者と書くべきという意見もある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by 面白ムービーマニア at 12:52
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。